ヒロオカ ユウイチ   Yuichi HIROOKA
  廣岡 裕一
   所属   京都外国語大学  国際貢献学部 グローバル観光学科
   職種   教授
発表年月日 1999/11/03
発表テーマ 現行旅行業法の盲点
会議名 日本ビジネス法学会第9回研究会
主催者 日本ビジネス法学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
開催地名 京都外国語大学
概要 1995年に改正された旅行業法の不備を指摘。1990年代後半コンピュータ技術が進歩する中で、電子商取引が普及した。旅行業の分野でも、「旅の窓口」など新しいビジネスモデルが現れ、異業種からの進出も行なわれた。しかしながら、旅行業法は従来型のビジネスモデルに応じた旅行取引を想定して設計され、これが、特に、書面の交付義務などの電子商取引を事実上阻む規定を存在させていた。現実の取引は既存の法令を超えて行なわれているにもかかわらず、それが十分対応しきれていない点を論じた。のちにIT一括法により多くは解決される。