イナガキ ツトム   Tsutomu INAGAKI
  稲垣 勉
   所属   京都外国語大学  外国語学部 英米語学科
   職種   准教授
発表年月日 2017/09
発表テーマ 被虐待経験が顕在的・潜在的自尊心に及ぼす影響――内的作業モデルを含めた検討――
会議名 日本パーソナリティ心理学会第26回大会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 東北文教大学
発表者・共同発表者 稲垣(藤井)勉・松尾和弥・大浦真一・島義弘・福井義一
概要 被虐待経験が顕在的・潜在的自尊心に及ぼす影響について,内的作業モデルを媒介変数とした検討を行った。228名を対象とした調査の結果,被虐待経験があるほど不安定な愛着スタイルにつながり,結果として顕在的・潜在的自尊心を低めることが示された。