イナガキ ツトム   Tsutomu INAGAKI
  稲垣 勉
   所属   京都外国語大学  外国語学部 英米語学科
   職種   准教授
発表年月日 2010/09
発表テーマ 有益性発見がレジリエンスの過程に及ぼす影響
会議名 日本教育心理学会第52回総会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 早稲田大学
発表者・共同発表者 竹内弥央・藤井 勉
概要 有益性発見がレジリエンシーを介してストレスフルな出来事の脅威性・苦痛性を減じているという可能性を検討するため,共分散構造分析による検討を行った。その結果,仮説と一致する結果が得られ,精神的回復のプロセスが示された。