ミヤオ マリ   Mari MIYAO
  宮尾 万理
   所属   京都外国語大学  外国語学部 英米語学科
   職種   講師
発表年月日 2010/10/17
発表テーマ L2 processing and number agreement: More than just linearity
会議名 Second Language Research Forum 2010
学会区分 国際学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 米国、メリーランド大学
発表者・共同発表者 Zhijun Wen, Mari Miyao, Aya Takeda, Wei Chu, & Bonnie D. Schwartz
概要 第二言語学習者が数の一致を含む文を処理する際、その2つの要素間の語数が多くなるほど処理が難しくなるが、そういった線的距離に加えて主語・動詞間などの階層・統語構造的距離が影響を与えることを示した。