ミヤオ マリ   Mari MIYAO
  宮尾 万理
   所属   京都外国語大学  外国語学部 英米語学科
   職種   講師
発表年月日 2007/11/02
発表テーマ English passives acquired before Japanese passives in bilingual Japanese-English children
会議名 The 32nd Annual Boston University Conference on Language Development
学会区分 国際学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 米国、ボストン大学
発表者・共同発表者 Satoko Kimura, Mari Miyao, & Kamil Ud Deen
概要 子供の受動態構文の理解を調査する際、通常は行為者と被行為者が実験材料に含まれる。しかし本研究は、もう一人人物を文脈に追加することで、日・英語バイリンガルの子供が「〜に(〇〇された)」という行為者を示す部分をより良く理解するかを調査した。