ミヤオ マリ   Mari MIYAO
  宮尾 万理
   所属   京都外国語大学  外国語学部 英米語学科
   職種   講師
発表年月日 2009/05/24
発表テーマ L2 sensitivity to online number disagreement
会議名 Second Language Processing and Parsing: State of the Science
学会区分 国際学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 米国、テキサス工科大学
発表者・共同発表者 Zhijun Wen, Mari Miyao, Aya Takeda, Wei Chu, Yi-Jiun Shiung, & Bonnie D. Schwartz
概要 中国人と日本人の英語学習者が内容に注意を向けながら英文を読む際、数一致の文法的な誤りに気づけるか調査した。被験者は英語の上級学習者であり、英語母語話者と同様の読解パターンが見られたことから、彼らは数一致という第二言語の文法知識は獲得済みであると考えられる。産出でよく見られる誤りは、文処理能力の低さが原因である可能性がある。