イズミ ヒロアキ   Hiroaki IZUMI
  泉 宏朗
   所属   京都外国語大学  ランゲージセンター
   職種   講師
発表年月日 2015/08/06
発表テーマ Searching for stroke family caregivers
会議名 International Institute for Ethnomethodology and Conversation Analysis Conference
学会区分 国際学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
開催地名 University of Southern Denmark, Denmark
概要 本研究は、サックスの成員カテゴリー化装置(MCD)を用い、多職種リハビリテーションチームに所属する医療従事者がどのようにしてカテゴリーを使い脳卒中患者の介護者を探すのかについて分析する.ビデオデータの詳細な分析の結果、医療従事者は、患者と同居している家族を介護者として選ぶことがわかった.しかし、介護者としての資格は、2つの追加条件—身体的に力があること、介護できる時間があること—が満たされない限り保証されないことがわかった.本稿は、患者の退院先を決定する場面において、ある人に助けを求めることができる/できないを決める手続きを明らかにすることによって、サックスの初期研究に貢献する.また、日本語の会話データにおけるサックスのMCDの有用性についても考察する.