ハタダ アヤ   Aya HATADA
  畑田 彩
   所属   京都外国語大学  外国語学部 英米語学科
   職種   教授
発表年月日 2005/03/26
発表テーマ 植生被度と食草密度がギフチョウの産卵率・生存率に与える影響
会議名 第49回日本応用動物昆虫学会大会(於:玉川大学)
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 松本和馬氏共同発表
概要 ギフチョウの産卵率や幼虫の生存率と植生被度・食草密度との関係を調べた。また、幼虫の空間分布の解析も行った。産卵は植生被度が低く食草密度が高いところで有意に多く見られたが、2齢幼虫の生存率と植生被度・食草密度の間には相関はなかった。幼虫が集合している若齢木には加齢とともに集中度が上昇し、集団単位の死亡が示唆された。区画サイズを変化させて解析すると各齢とも2mx2m前後で指数の変化が大きかった。