ハタダ アヤ   Aya HATADA
  畑田 彩
   所属   京都外国語大学  外国語学部 英米語学科
   職種   教授
発表年月日 2012/08/10
発表テーマ 大学キャンパスを活用した授業運営-大講義で「環境を観せる」授業は可能か?-
会議名 日本環境教育学会第23回大会
主催者 日本環境教育学会
学会区分 全国学会
単独共同区分 単独
開催地名 立教大学池袋キャンパス
発表者・共同発表者 畑田 彩
概要 大講義でも「生の自然」とリンクさせた授業が可能かどうかを考察した。
「自然を知る」では、大学キャンパス内に生育している樹木とリンクさせた授業展開を試みている。まず、キャンパス内にある樹木を観察しなければ回答できない問題を10題用意し、キャンパス内で該当の樹木を探し、回答を記入するよう学生たちに指示した。その後の授業は、キャンパス内で観察した樹木を切り口とした授業を展開した。
学生たちの評価は、講義が主体であった昨年度の授業と変わりがなく、出席率も昨年度と差はなかったが、授業を通して身近な環境から多様な知識を吸収したことが明らかになった。