イタバ ムネチカ   Munechika ITABA
  伊多波 宗周
   所属   京都外国語大学  外国語学部 英米語学科
   職種   准教授
発表年月日 2002/03/23
発表テーマ 行動の観点と方法論
会議名 第11回ベルクソン哲学研究会
主催者 ベルクソン哲学研究会
学会区分 研究会・シンポジウム等
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
発表者・共同発表者 伊多波宗周
概要 アンリ・ベルクソンの哲学、とりわけ『物質と記憶』および、『思想と動くもの』に収められたいくつかの論において、おもに身体的なものと目される行動と、思考の動きとがどのような関係づけられ、方法論(とりわけ「直観」)が練り上げられているのかを明らかにした。