イタバ ムネチカ   Munechika ITABA
  伊多波 宗周
   所属   京都外国語大学  外国語学部 英米語学科
   職種   准教授
発表年月日 2020/08/02
発表テーマ 責任概念発生の理屈と自動運転車事故
会議名 RSIS 第10回研究会「人と機械の協働を考える」
主催者 RISTEX/HITE「自律機械と市⺠をつなぐ責任概念の策定」/JSPS 課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業「工学・脳科学をエビデンスとした社会的基盤概念と価値の創生」
学会区分 研究会・シンポジウム等
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
開催地名 オンライン
発表者・共同発表者 伊多波宗周
概要 責任概念の発生の理屈をもとに帰責がなされる原初的場面を想定した上、テスラ自動車運転事故における帰責が、そうした場面といかに異なるのかを明らかにした。その上で、人間と機械の協働によって生じつつある規範と現実の分離と呼ばれうる事態への対処として二つの道筋を示した。