カバタ シゲル   Shigeru KABATA
  嘉幡 茂
   所属   京都外国語大学  国際言語平和研究所
   職種   嘱託研究員
発表年月日 2006/03/25
発表テーマ La función de la Cerámica Local y Foránea del sitio de Santa Cruz Atizapán con base en Análisis Químicos
会議名 Primer Simposio de Arqueología: el Pasado del Estado de México
主催者 Instituto Nacional de Antropología e Historia
学会区分 地方学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 Toluca
発表者・共同発表者 Pérez O. de M., María del Carmen, Shigeru Kabata, y Martín Terreros Olivares
概要 トルーカ盆地・サンタ・クルス・アティサパン遺跡出土の在地土器及び輸入土器の科学分析について発表した。テーマは、科学分析方法の紹介と、ここから得られたデータを基に、在地と搬入土器の利用方法に違いが認められるかどうかである。嘉幡は搬入土器の分析と解釈を担当した。