エダモト マスヒロ   Masuhiro EDAMOTO
  枝元 益祐
   所属   京都外国語大学  外国語学部 英米語学科
   職種   教授
発表年月日 2000/05/20
発表テーマ 学校図書館の役割と教育への貢献:学校図書館法改正とその課題
会議名 2000年度日本図書館情報学会春季研究集会
主催者 日本図書館情報学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 同志社大学
発表者・共同発表者 枝元益祐、岩崎れい、大平睦美、庭井史絵、コーンハウザー・由香子
概要 学校図書館法一部改訂が司書教諭にかかわる部分であることから、文教政策の関心が『ヒト』にあるという仮説に立脚し、行政資料や政策過程の分析を試みた。そこで出てきた結論は、行政文書そのものの中には学校図書館、あるいは、司書教諭の文字が極めて少なく、そのため、トップ・ダウン式の上から施策の展開とボトム・アップ式の下からのニーズの反映との間には大きな乖離があるということである。そこで、そのズレを縮小、あるいは、埋め合わせるための糸口を法制策科学の観点から求めた。