スミダ イクノリ   Ikunori SUMIDA
  住田 育法
   所属   京都外国語大学  外国語学部 ブラジルポルトガル語学科
   職種   教授
発表年月日 2009/01/10
発表テーマ ルーラ政権のブラジル-秩序と進歩vs.社会正義
会議名 日本ラテンアメリカ学会西日本研究部会(於:神戸大学六甲台キャンパス)
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
発表者・共同発表者 住田 育法
概要 詳細な一時資料に基づいて、2002年に誕生したルーラ政権に見られる「秩序と進歩vs.社会正義」の構図についての分析を行った。具体的に、1930年のヴァルガス革命以降、実証主義に依拠する「秩序と進歩」の道を歩んできたブラジルでは、カルドーゾ、ルーラ以降、「社会正義」の実現が重要視されるようになったが、社会改革の成果は不十分である点を指摘した。