スミダ イクノリ   Ikunori SUMIDA
  住田 育法
   所属   京都外国語大学  外国語学部 ブラジルポルトガル語学科
   職種   教授
発表年月日 2009/10/24
発表テーマ ルラ大統領のポルトガル語―スピーチに基づく批判と評価の考察
会議名 (於:東京外国語大学府中キャンパス)
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
発表者・共同発表者 住田 育法
概要 エリート出身ではないルラ大統領のスピーチは、マイナスの評価がなされている。つまり、下品なポルトガル語であり、舌のもつれ、地方の訛り、文法の間違いが散見されるという指摘である。話し方と声も、アジ演説風の語り口、飲酒と喫煙によるだみ声、バールのおしゃべり風、根拠に欠ける発言、なれなれしい呼びかけである、といった批判である。しかしこれらの特徴は、庶民に対しては、人気を獲得する手段となったと判断できる。