ナカジマ ダイスケ   Daisuke NAKAJIMA
  中嶋 大輔
   所属   京都外国語大学  外国語学部 英米語学科
   職種   准教授
発表年月日 2020/11/21
発表テーマ コロナ禍ににおけるスポーツ活動 -大学スポーツを視点に-
会議名 日本体育・スポーツ政策学会関西セミナー
主催者 日本体育・スポーツ政策学会
学会区分 地方学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
国名 日本
開催地名 Zoomを使用したリオンライン開催
開催期間 2020/11/20~2020/11/20
発表者・共同発表者 中嶋大輔
概要 2019年の末から猛威を振るう「COVID-19」によって大学スポーツがどのように活動を変容せざるを得なかったのかについて、学生部長・顧問・競技団体副理事長という3つの視点から講演を行った。意思決定のスピードが重要である。
「Withコロナ」・「Afterコロナ」という言葉は、耳心地は良いが本来のスポーツ活動の意義や意味から遠ざかっていることに違いはない。大学スポーツは、様々な利害関係者によって成立しているので、社会活動の正常化が成されなければ、安心・安全・健全な活動にならない。私学の独立性・独自性を脅かす外圧は、COVID-19に対する対応だけでなく「高等教育の修学支援新制度」においても顕著になりつつある、として締めくくった。