ナカニシ クミコ   Kumiko NAKANISHI
  中西 久実子
   所属   京都外国語大学  外国語学部 日本語学科
   職種   教授
発表年月日 2014/09/27
発表テーマ 第二言語習得の認知プロセスからみた協働学習の効果 ―被爆者証言の翻訳・発信と平和をテーマにした協働学習の実践-
会議名 京都外国語大学 国際言語文化学会第2回大会
主催者 京都外国語大学国際言語文化学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
開催地名 京都外国語大学
発表者・共同発表者 中西久実子
概要 本発表は,平和をテーマにした日本語授業でのピア・ラーニング(協働学習)という新たな手法の授業に焦点を当て,その実践の効果を明らかにするものである。分析する授業は,京都外国語大学日本語学科の留学生を対象にした日本語の授業で,京都外国語大学のNET-GTAS(「被爆者証言の世界化」に向けた多言語翻訳のネットワーク)の活動の一部としておこなわれたものである。本発表では第二言語習得のインプットからアウトプットにいたるまでの認知プロセスを論証に使用し,授業において協働学習を取り入れた効果を学習者の振り返りのアンケート評価の結果とともに明らかにしている。