アイカワ マサオ   Masao AIKAWA
  相川 真佐夫
   所属   京都外国語短期大学  キャリア英語科
   職種   教授
発表年月日 2012/03/09
発表テーマ CEFR-J のSpoken Production(Aレベル)を英語授業に関連づける方法
会議名 新しい英語能力到達度指標 CEFR-J 公開シンポジウム
主催者 東京外国語大学 科学研究費補助金基盤研究(A)研究チーム(代表者:投野由紀夫)
学会区分 国際学会
発表形式 口頭(一般)
開催地名 於:明治大学駿河台キャンパスリバティータワー
発表者・共同発表者 相川真佐夫
概要 発表能力は発信型英語教育において、大きな役割を果たす能力である。中学校学習指導要領では、「自分の考えや気持ち、事実などを聞き手に正しく伝えること」や「与えられたテーマについて簡単なスピーチをすること」という運用能力を求めており、高等学校においても、情報や考えなどを適切に伝える能力を求めている。英語を使用する機会のないEFL 環境の中、発表能力は最もレベルの向上が難しい能力の一つであると考えられる。本発表では、CEFR-J のA レベルを使い、発表能力を学習初期から積み上げられる指導方法の提案を行い、有用性や応用方法を考えた。