Jo HIGUCHI
   Department   Kyoto University of Foreign Studies  Department of British and American Studies, Faculty of Foreign Studies
   Position   Professor
Date 2012/11/10
Presentation Theme 古都の変遷―絵葉書による京都市域景観変化解読の試み
Conference 近代アジアをめぐる絵ハガキメディア―帝国・表象・ネットワーク
Promoters 基盤研究(A)「「東洋」的価値観の許容臨界:「異質」な思想・藝術造形の国際的受容と拒絶」(研究代表者:稲賀繁美)ほか
Conference Type International
Venue 国際日本文化研究センター セミナ室1
Publisher and common publisher 樋口穣
Details 俯瞰と鳥瞰。両者の違いはあまり意識されないことが多い。端的に言うと、洛中洛外に代表される構図には、源氏物語絵巻以来の伝統構図、俯瞰法が用いられている。それらは、画中の視点移動を設定した構図を持つ作品である。
名どころや観光名所を、絵に描いたり写真にあらわしたりする場合、どのような相違点があり、また、それに関わる工夫が必要となるのか。