マツセ リホ   MATSUSE RIHO
  松瀬 理保
   所属   京都外国語大学  外国語学部 国際教養学科
   職種   講師
発表年月日 2011/12/10
発表テーマ ポジティブアプローチ「AI」の可能性について
会議名 南山大学人間関係研究センター 定期研究会第2回
主催者 南山大学人間関係研究センター
開催地名 南山大学名古屋キャンパス
会議区分 国内会議
講演区分 特別講演・記念講演
単独共同区分 単独
招待講演 招待講演
概要 心理学の過去の長い歴史において、人間の持つネガティブな感情(不安、怒り、嫉妬、絶望)に焦点をあてその闇を解明するアプローチが主流であった。しかしながら時代の変化とともに、人間の持つ健全でポジティブな感情(やる気、自己信頼、希望、感謝)に焦点をあて、増幅させる方が効果が持続的であり、人・組織のパフォーマンス向上への近道であることがバーバラ・フレデリクソン氏(米国ミシガン州立大学教授)により解明された。AI(Appreciative Inquiry)は後者の考え方を採用し、人・組織の可能性を最大化する上で有効であることを解説し、質疑応答を実施した。