タケウチ トシタカ   Toshitaka TAKEUCHI
  竹内 俊隆
   所属   京都外国語大学  国際貢献学部 グローバルスタディーズ学科
   職種   教授
発表年月日 2021/03/18
発表テーマ 「米国の北極政策概観」
会議名 2020年度ArCSII 国際政治課題 国内組ワークショップ
主催者 大西富士夫 北海道大学北極域研究センター准教授
開催地名 Webnair
会議区分 国内会議
講演区分 講師
単独共同区分 単独
発表者・共同発表者 竹内俊隆
概要 米国の北極域政策に関して、特に戦略・安全保障面に関して、CRS Reportの2018年と2020年版に基づいて報告した。第一に、北極域に関する一般的な関心は低く、米国がArctic Nationと公式に明言したのは2009年のブッシュ大統領によるArctic Plocy Directive であり、比較的新しい。その際には、安全保障は言及されていない。オバマ大統領時代の2010年のNational Security Strategy で安全保障面への関心が明示され、徐々に重要視されるようになった。しかし、中ロとの世界的な戦略的競争の一側面としか見られておらず、北極域はlow tensions との認識がまだある。