photo
    (最終更新日:2020-08-15 03:08:35)
  カバタ シゲル   Shigeru KABATA
  嘉幡 茂
   所属   京都外国語大学  国際言語平和研究所
   職種   嘱託研究員
■ 学会発表
1. 2020/01/20 メキシコ考古学とコイントス:マンガを介した地域社会のアイデンティティー形成支援(文化遺産国際協力コンソーシアム・第13回中南米分科会)
2. 2019/12/01 なぜピラミッドは倒壊しないのか:観念の変容による技術革新の誕生(古代アメリカ学会・第24回研究大会)
3. 2019/04/14 Early Urbanism and Intermediate-Scale Social Interaction in Formative Central Mexico: Ritual Practice and Socio-Spatial Organization at Tlalancaleca, Puebla(Annual Meeting of the Society for American Archaeology)
4. 2018/12/26 なぜ古代人はピラミッドを造ったか:メキシコ中央高原における都市の盛衰(遺跡に見る在来知 —モニュメント、自然環境、インターアクション)
5. 2018/10/10 Intercambio de obsidiana en el Altiplano Central(9ª feria del libro de las Ciencias Sociales y las Humanidades)
全件表示(60件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  『図説 マヤ文明』   (単著) 2020/02
2. 著書  『テオティワカン―「神々の都」の誕生と衰退― (環太平洋文明叢書)』   (単著) 2019/04
3. 著書  「メソアメリカとは(2):時代区分」 『メソアメリカを知るための58章』(編:井上幸孝) 23-28頁 (共著) 2014/05
4. 著書  「最初のアメリカ人:新大陸の『発見者』」 『メソアメリカを知るための58章』(編:井上幸孝) 44-50頁 (共著) 2014/05
5. 著書  「先古典期:メソアメリカ文明の萌芽」 『メソアメリカを知るための58章』(編:井上幸孝) 51-57頁 (単著) 2014/05
全件表示(45件)
■ 主な作品
DJI_0007.JPG
メキシコ、トラランカレカ遺跡の風景
Tllancaleca02.jpg
(上)トラランカレカ遺跡最大規模のセロ・グランデ・ピラミッド;(下)遺構と遺物の写真
IMG_4955.JPG
トラランカレカ考古学プロジェクトのメンバー
Topic01_p14_jp.jpg
JSPS科研費15K12789(2015年度-2016年度・挑戦的萌芽研究)「マンガが伝えるメキシコの歴史と文化:情報発信ツール開拓への挑戦」で作成したマンガの一例。
■ 学歴
1. 2003/08~2010/04 Universidad Nacional Autónoma de México Instituto de Investigaciones Antropológicas Arqueología 博士課程修了 Doctor en Antropología
2. 2002/01~2002/06 Universidad de las Américas Puebla Departamento de Antropología, Escuela de Ciencias Sociales Antropología 修士課程留学
3. 2000/04~2003/03 愛知県立大学 国際文化研究科 修士課程修了 修士(国際文化)
4. 1993/04~1998/03 関西大学 文学部 史学地理学科 卒業 学士(文学)
■ 職歴
1. 2020/04~ 京都外国語大学 国際言語平和研究所 嘱託研究員
2. 2014/11~2020/03 京都外国語大学 ラテンアメリカ研究所 客員研究員
3. 2013/08~2019/06 Universidad de las Américas Puebla Departamento de Antropología, Escuela de Ciencias Sociales Profesor asociado
4. 2013/06~2020/03 立命館大学 環太平洋文明研究センター 客員研究員
5. 2012/08~2012/12 Arizona State University School of Human Evolution and Social Change Visiting researcher
全件表示(6件)
■ 主要学科目
異文化理解のための考古学
■ 所属学会
1. 2011/05~ 日本考古学協会 Link
2. 2000/10~ Society for American Archaeology Link
3. 2000/06~ 古代アメリカ学会 Link
4. 2000/06~ 日本ラテンアメリカ学会 Link
■ 資格・免許
1. 2000/10/07 学芸員資格
■ 授業科目
1. 異文化理解のための考古学
■ 社会における活動
1. 2018/11~2018/11 TBS 日立 世界ふしぎ発見!「第1494回メキシコ、なぜ世界最大のピラミッドは埋められたのか?」 Link
2. 2016/04~2016/04 ¿Podemos difundir la cultura prehispánica mexicana a través del manga o el cómic?
3. 2015/12~2015/12 El proyecto arqueológico Tlalancaleca-Puebla estudia cómo esta zona poblana contribuyó a la formación del Estado
4. 2013/10~2013/10 TBS 日立 世界ふしぎ発見!「第1290回UFO出現!?宇宙の中のテオティワカン文明の謎」 Link
5. 2006/09~2007/03 在メキシコ・日本国大使館・講演会「メソアメリカって何?」
■ 海外活動
●海外研究活動の為の渡航回数(前年度実績)
 在留期間2週間以上のもの   計  2  回
 在留期間2週間未満のもの   計  1  回
●海外での国際会議、学会への出席回数及び発表回数(前年度実績)
 諸費用の主たる負担者   出席回数   発表回数
 主催者  0  回  0  回
 外国機関  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会  1  回  1  回
 文部科学省・日本学術振興会以外の政府関係機関  0  回  0  回
 所属機関  0  回  0  回
 財団等(寄付金・委任経理金含みます)  0  回  0  回
 自費  0  回  0  回
 計  1  回  1  回
●国際的な学会で使用する外国語
 口頭発表に主に用いる言語   英語, スペイン語  
 論文の執筆に主に用いる言語   英語, スペイン語  
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~2022/03  古代メキシコの都市化の原理:物質性と物質化による宇宙を含めた空間支配の復元 新学術領域研究(研究領域提案型) (キーワード:古代都市、テオティワカン、トラランカレカ、認知考古学、象徴性) Link
2. 2020/04~2023/03  耐久性に優れたピラミッドが開発された理由:古代メキシコ人の世界観と自然災害の相関関係 国内共同研究 
3. 2019/04~2023/03  古代メキシコの都市形成史:世界の知的体系化と物質化 基盤研究(B) (キーワード:トラランカレカ、テオティワカン、世界観、古代都市、メソアメリカ) Link
4. 2016/04~2019/03  ニカラグア考古学調査と博物館づくりを通した地域の持続的開発と発展に向けた研究 基盤研究(B) (キーワード:パブリック考古学、フィールドミュージアム、アメリカ地中海文化、持続可能な開発) Link
5. 2015/04~2017/03  マンガが伝えるメキシコの歴史と文化:情報発信ツール開拓への挑戦 挑戦的萌芽研究 (キーワード:地域支援、文化遺産、文化人類学、マンガ) Link
全件表示(15件)
■ 講師・講演
1. 2020/07/18 古代メキシコのピラミッドに秘められた暗号:天上界と地下界を結ぶ摩天楼の完成(Zoom)
2. 2020/01/18 世界平和のために造られたメキシコのピラミッド:~でも、それだけでは安寧は訪れない~(東京)
3. 2017/11/11 ¿Por qué los arqueólogos japoneses excavan en México?: Manga e identidad(Córdoba)
4. 2014/12/21 トラランカレカ考古学プロジェクトの学術的重要性(京都)
5. 2011/07/10 メソアメリカ考古学の最前線(瀬戸)
全件表示(6件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2014/12/15~2015/01/31 特別写真展「メソアメリカ、古代都市の起源を探る-トラランカレカ考古学プロジェクト-」(京都外国語大学・国際文化資料館) Link
2. 2011/05/28~2011/07/31 特別展覧会「アンデス・メソアメリカ文明展‐古代の暮らしと聖なる動物たち‐」(愛知県陶磁資料館) Link
■ 委員会・協会等
1. 2016/06/01~2018/09/28 Premio Anual "Alfonso Caso" de las Categorías de Licenciatura y Maestría del INAH Jurado
2. 2015/01/01~2017/12/31 Sistema Nacional de Investigadores, México Nivel I, Investigador Nacional
■ 受賞学術賞
1. 2011/12 Instituto Nacional de Antropología e Historia Primer Lugar del Premio Anual "Alfonso Caso" de la Categoría de Tesis Doctoral del INAH (La Dinámica Regional entre el Valle de Toluca y las Áreas Circundantes: Intercambio antes y después de la Caída de Teotihuacan)
2. 2011/07 Coloquio Internacional sobre Otopames Mención Especial del Premio Anual “Noemí Quezada" del XIII Coloquio Internacional sobre Otopames (La Dinámica Regional entre el Valle de Toluca y las Áreas Circundantes: Intercambio antes y después de la Caída de Teotihuacan)
3. 2005/11 Instituto Nacional de Antropología e Historia Primer Lugar de la Cuarta Mesa Redonda de Teotihuacan (Cambios en las actividades de producción de artefactos de obsidiana y escala de control estatal en Teotihuacan)
■ 科研費研究者番号
60585066
■ 担当経験のある科目
1. Antropología Física(形質人類学)(Departamento de Antropología, Universidad de las Américas Puebla)
2. Análisis para los Materiales Inorgánicos(無機物遺物の分析)(Departamento de Antropología, Universidad de las Américas Puebla)
3. Arqueología de las Américas(アメリカ大陸の考古学)(Departamento de Antropología, Universidad de las Américas Puebla)
4. Arqueología de Sudamérica(南アメリカ大陸の考古学)(Departamento de Antropología, Universidad de las Américas Puebla)
5. Arqueología General(考古学概論)(Departamento de Antropología, Universidad de las Américas Puebla)
全件表示(27件)