photo
    (最終更新日:2024-02-25 03:09:05)
  ミナミ ヒロシ   Hiroshi MINAMI
  南 博史
   所属   京都外国語大学  国際貢献学部 グローバル観光学科
   職種   教授
■ 学会発表
1. 2023/10/13 海外における発掘調査の魅力(文化と地域デザイン学会第2回例会)
2. 2019/01/13 ウズベキスタン世界遺産ヒヴァの持続可能な発展・開発のための実践的博物館活動の研究について(中央アジアの歴史と現在、そして未来)
3. 2018/10/26 ¿A quiénes sirve la Arqueología Pública? – Un vínculo entre la arqueología y el público local(I SIMPOSIO DE ARQUEOLOGÍA PÚBLICA EN EL SALVADOR “Más allá de la arqueología: Arqueología Pública”)
4. 2016/08/29 ニカラグア共和国マタガルパ県マティグアスにおける考古学と博物館を仲介者とした実践的研究(第8回世界考古学大会)
5. 2016/06/04 文化財ガバナンスの構築(日本ラテンアメリカ学会第 37 回定期大会)
全件表示(9件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  フィールドワークを通した高大連携型外国語教育の実践 国際言語文化 (8),0-0頁 (共著) 2024/03
2. 著書  考古学・歴史学の立場からの活かし方 ヘリテージマネジメント 地域を変える文化遺産の活かし方  (共著) 2022/05
3. その他 メソアメリカ考古学近年の動向 月刊考古学ジャーナル (4月(752)),23-27頁 (単著) 2021/04
4. 著書  先スペイン期アメリカ地中海の交流に関する考古学的研究 京都外国語大学ラテンアメリカ研究所の現在  (共著) 2021/03
5. 論文  ニカラグアのカリブ海側における岩刻画の考古学調査およびコミュニティ・ミュージアム活動に向けた研究 京都外国語大学ラテンアメリカ研究所紀要 (20),191-212頁 (共著) 2020/12
全件表示(22件)
■ 学歴
1. 2013/04~2017/03 同志社大学 総合政策科学研究科 総合政策科学研究専攻 修士課程修了 政策科学修士
2. 1974/04~1978/03 関西大学 文学文学部 史学科 卒業 文学士
■ 職歴
1. 2018/04~ 京都外国語大学 国際貢献学部 グローバル観光学科 教授
2. 2016/04~2019/03 京都嵯峨芸術大学 学芸員資格課程 非常勤講師
3. 2011/04~2018/03 京都外国語大学 外国語学部 英米語学科 教授
4. 2011/04~ 同志社女子大学 学芸員資格課程 非常勤講師
5. 2010/06~2011/03 (財)京都文化財団 京都府京都文化博物館 学芸課 学芸課主幹、学習普及・連携室長、主任学芸員
全件表示(13件)
■ 学内役職・委員
1. 2011/04/01~2022/03/31 国際言語平和研究所 国際文化資料館長
■ 主要学科目
異文化理解のための考古学
■ 所属学会
1. 2023/05~ 文化と地域デザイン学会 Link
2. 2023/05~ ∟ 理事
3. 2016/04~ 日本ラテンアメリカ学会
4. 2013/04~ 日本オリエント学会
5. 2007/04~ 日本遺跡学会
全件表示(7件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2016/12/09 (パネリスト)京都外大国際文化資料館の外部連携活動(平成28年度全国博物館学協議会西日本部会、京都市)
2. 2016/07/23 (講師)京の匠・文化財保存の技(NHKカルチャー、NHK文化センター)
3. 2015/06/21 オープンキャンパス「カフェトーク」
■ 資格・免許
1. 1978/04/01 学芸員
■ 授業科目
1. 環太平洋の文明史
2. 公共政策研究ゼミⅠ
3. 公共政策研究ゼミⅡ
4. 公共政策研究ゼミⅢ
5. 公共政策研究ゼミⅣ
全件表示(23件)
■ 社会における活動
1. 2003/06~ 特定非営利活動法人フィールドミュージアム文化研究所代表
2. 2013/04~2019/03 大学コンソーシアム京都主催/京カレッヂ「京都力養成コース」『京のまちなかミュージアム講座』企画・講師
3. 2016/12~2016/12 京都市高倉小学校スマイル21委員会「高倉文化班まちの達人」『出前授業:発掘の達人』
4. 2015/09~2015/09 京都市高倉小学校スマイル21委員会「高倉文化班まちの達人」『出前授業:発掘の達人』
5. 2015/02~2015/02 京都市七条小学校社会科5年生「自分と世界のつながりを考える」出前授業
全件表示(15件)
■ 海外活動
●海外研究活動の為の渡航回数(前年度実績)
 在留期間2週間以上のもの   計  1  回
 在留期間2週間未満のもの   計  2  回
●海外での国際会議、学会への出席回数及び発表回数(前年度実績)
 諸費用の主たる負担者   出席回数   発表回数
 主催者  0  回  0  回
 外国機関  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会  1  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会以外の政府関係機関  0  回  0  回
 所属機関  1  回  0  回
 財団等(寄付金・委任経理金含みます)  1  回  0  回
 自費  0  回  0  回
 計  3  回  0  回
●国際的な学会で使用する外国語
 口頭発表に主に用いる言語   英語  
 論文の執筆に主に用いる言語    
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2019/03  ウズベキスタン世界遺産ヒヴァの持続可能な発展・開発のための実践的博物館活動の 研究 挑戦的研究(萌芽) (キーワード:世界遺産、持続可能性、博物館都市、伝統的建造物保存修復、学芸員)
2. 2017/04~  考古学博物館学によるニカラグア・カリブ海地域古代社会の再検討~アメリカ地中海文化圏における実践的研究 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2016/04~2019/03  ニカラグア考古学調査と博物館づくりを通した地域の持続的開発と発展に向けた研究 基盤研究(B)海外調査 
4. 2014/04~2017/03  ニカラグアの考古学及び文献学資料評価と発展への応用 競争的資金等の外部資金による研究 (キーワード:考古学、博物館学、アメリカ地中海文化圏)
5. 2014/04~2016/03  考古学と博物館学をメディエーターとした実践的地域研究 挑戦的萌芽研究 (キーワード:ニカラグア、考古学、博物館学)
全件表示(6件)
■ 講師・講演
1. 2024/02/15 京都外国語大学でなぜ農業
2. 2023/12/09 コスタリカ太平洋側南部を中心とした古代のモノの交流(京都)
3. 2023/02/25 社会に融合できる総合力をもった人材育成にむけた提案~福井県越前町フィールドミュージアム活動を通して(リモート) Link
4. 2022/10/27 環境保全型「生業」に基づく観光まちづくり(金沢)
5. 2019/02/12 世界遺産としての博物館都市の持続可能性(ウズベキスタン共和国ヒヴァ市)
全件表示(7件)
■ 委員会・協会等
1. 2023/04/11~2026/03/31 大阪府立博物館指定管理者評価委員会 委員長
2. 2015/04/01~2016/03/31 大阪府立弥生文化博物館指定管理者選定委員会 委員長
3. 2015/04~2022/03/31 京都・大学ミュージアム連携運営委員会 副委員長
4. 2014/06~ 社会福祉法人京都総合福祉協会京都市紫野障害者授産所第3者委員会 委員
5. 2014/04~2015/03 京都・大学ミュージアム連携運営委員会 運営委員
全件表示(8件)
■ 受賞学術賞
1. 2015/11 京都市 きょうと地域力アップ貢献事業者等表彰(南ゼミ)